最新技術により頬骨を矯正治療する

顔が大きいと悩んでいる人は多くいます。顔が大きいと周りに良い影響を与えることができません。例えば、顔だけが大きい場合、威圧的な印象を持たれてしまいますので、優しく接しているつもりでも相手が心を開いてくれないといったことがあります。そのため、顔が大きい人はとにかく小顔になろうと努力します。小顔にするための方法は色々あります。ただし、それらは小顔の原因によって適切な方法であるかどうか分かれてしまいます。太っていて顔が大きい人ならば、ダイエットをすることで小顔にすることができます。しかし、骨格が原因であれば、いくらダイエットをして顔の肉を落としても、骨が小さくなることはありませんので、一向に顔を小さくすることができません。そこで、外科手術により小顔にする方法を紹介します。

骨自体が問題の場合は矯正に限界がある

太っている人が小顔にする場合は、ダイエットをして顔の脂肪を落とすことによって顔を小さくすることができます。しかし、顔の肉を落としたとしても顔が小さくならない場合があります。それは、エラが張っていたり、骨が出っ張っている場合です。このような人は、顔の肉を落とすことで、より角ばった輪郭が強調されてしまいますので、さらにきつい印象を持たれるという逆効果に陥ってしまいます。そこで、顔が大きくなってしまう頬骨を削って小顔矯正をするという選択肢があります。これは、美容手術ですので、抵抗があるかもしれませんが、永久的に小顔を実現する方法はこれ以外にはないのです。骨格が問題である場合は、個人の努力ではどうしようもありませんので、手術に頼るほかはないと言っていいでしょう。

最新技術により頬骨を矯正して小顔にする

頬骨を削るためには、外科手術をするのですが、これは最新技術を使用することで、手術跡が残ることはありません。美容の手術をする際に一番気になるのが、手術跡が残るかどうかですが、これについては、口腔内から切開して骨を削りますので、外からは全く傷口が見えることはありません。これならば、手術した後でも普通に生活をすることができます。また、ボトックス注射とは違い、永久的に小顔をキープできるため、今後顔の輪郭で気にすることはありません。切開をしますので、術後に痛みが発生することはあります。この痛みは一週間ほど続きますが、痛み止めを飲むことで対処できます。ただし、激しく動かすことはできませんので、普通の生活はできますが、術後数週間は安静にしなければいけません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加